« マメモでできることをCLIEで… | トップページ | 今も,やっぱりCLIE。 »

2010年10月 6日 (水)

マメモ,使ってみました。

Mamemo_desk VZ-90でマメモの代わりをさせようとしていましたが,何と!ウチの事務の方と意気投合しマメモ本体を購入となりました。
で,VZ-90は引き下げ,電話の横にはマメモ。(章仁さんの好きなオレンジ)
 使用感をレポートしたいと思います。
 まず感じたのが,「液晶が暗い」。バックライトがないので,コントラストで調整するしかありません。調整幅も小さいのですが,書き記したメモを読めないことはない,ので,良しとしましょう。
 次に,「ペンタッチで起動」。瞬間的に起動します。これはCLIEより速い。けど,ここで問題が。瞬間起動の後表示されるのが,前回のメモ。それよりも,「新規メモ」(何も記入されていない)が表示されるとありがたい。だってすぐにメモしたい。「電話が鳴る」→「専用ペンで液晶をタッチ」→(前回のメモが表示される)「電話に出る」→「○○ですが△△さんはいらっしゃいますか?」の間に「新規メモ」をタッチ(もたつく)→「新規メモ表示」→メモしようと思ってもかかってきた電話が誰からなのか覚えていない…(泣)


Mamemo_3

 この解消のために,メモをとった後には,新規メモアイコンをタップして画面に何も記入されていない状況にして放置するようにしています(この後,一定時間経つと自動で電源が切れる)。けど,これでは,一手間多いわけで。ひょっとしたら,「設定」で,「起動時新規メモ表示」「起動時最終メモ表示」が選択できるのかもしれません。後で確認してみます。
 CLIEを使っていると,いきなり新規メモが立ち上がるので不満はなかったのですが…。電話がかかってきて,画面をタッチした時に,まっさらな新規メモが立ち上がる様になればと思います。

 メモの記録が99枚まで残ることには○です(気軽に参照できる)。タイムスタンプをメモに挿入できるところも○。CLIEではDAソフトを使わなければできません。けど,挿入したタイムスタンプの書体が小さくて見ずらいのが×。
 記録容量(一画面に書くことのできる情報量)は普通に使っている分には○。「誰から」「誰に」「どんな用件」「タイムスタンプ」で,だいたい一画面に収まります。けど,ちょっと(クレームのような)長めの電話には対応できないかな。「新規メモ」を次々立ち上げて続けて書き込んでいくことはできますが。
 是非欲しい印刷機能。LANでもUSBでもいいから,パソコンと接続できてパソコンでデータが保存できれば印刷も自在なのに。自分以外への電話だった場合に,用件を伝えるために必須かな。CLIEなら手間は増えますがパソコンと連携して印刷もできます(印刷が必要なことはあまりないかもしれません)。
 でも,ちょっと思いとどまる。この値段でそこまで要求するのは酷かと。だから殴り書きのマメモのメモを見ながら,付箋紙や他のメモ紙に,情報を整理したメモ書きを「清書」し,不在職員に渡せばいらぬ勘違いも防げるかと(まさに情報の整理,ね。)。これはCLIEを使ったメモでも同じかな。


|

« マメモでできることをCLIEで… | トップページ | 今も,やっぱりCLIE。 »

PDA」カテゴリの記事

TH55」カテゴリの記事

VZ90」カテゴリの記事

マメモ」カテゴリの記事

コメント

先生、アベラゲってなんでしたっけ?

投稿: 火消しのウインド | 2010年10月29日 (金) 20時53分

アベラゲってエクセルの関数の一つで,平均を求めるものですよ。セルに=average(範囲)と入力します。教科書にも出ています。

投稿: やぎ | 2010年11月 1日 (月) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/4207/37110684

この記事へのトラックバック一覧です: マメモ,使ってみました。:

« マメモでできることをCLIEで… | トップページ | 今も,やっぱりCLIE。 »